前ページ

ヒロの投稿です 2019.9.13

EVC72320Tを核としたアナログのマルチウエイシステムのコントロールアンプです。
これ一台で色々なことをするために、かなりの機能を詰め込みました。

<構成>
電源部
 トランス:トロイダルトランス(115V入力) 18V×1.4A ×2
 定電圧基板: TYPE-S (15V設定) コンデンサ容量5000uF(もうすこしあってもよかったかな?)

入力切り替え
 RELAY6(リレー切り替え基板)・・・6ch入力。EVC72320Tから制御

アンプ部
 フィルター + EVC72320T  ・・・ 3WAYチャンデバ出力用。クロス周波数は380Hz,2870Hz(-24dB/oct)
 EVC1972T ・・・・ ストレート出力用(現在、高精度PAのプリとして使用)
 HPA6120 ・・・・  ヘッドホン用

その他
・OPアンプはお気に入りのOPA2134をつかっています。
・パネルでの操作に加えて、リモコンでの操作(EVC72320TとRELAY6)が可能なのでゴロ寝しながらの
試聴に便利です

・下記の検討記も参照ください。
 マルチボリュームコントローラの巻き!
 マルチボリュームコントローラの巻き!EVC72320T編


装置の構成

(※写真をクリックすると元サイズで表示します)

側面から


後方から


前面パネル


小型のラズパイさんからいただきました。 2019.11.30

枡スピーカと合わせて小型システムのオンパレードですね。







ヒロの投稿 2019.12.5

2段構成のスピーカ切り替え基板です。これでアンプ入力6、スピーカ出力6の切り替えができるようになります。
電源はノートPC用のスイッチング電源(19V)を流用するため、内部にDCDCを搭載して12Vに変換しています。
電流容量には余裕があるので、他のリレー切り替え基板にも供給できるようにDCジャックをとりつけています。
下側の基板のスイッチが押しにくくなるので、リモコンでの操作が主体になります。
 ケースはアクリルの端材を利用して組み立てました。


全体構成です。ネジ端子にアクセスできるように基板はずらしてとりつけています。


正面の様子


DCDCはアクリルケース内に閉じ込めています。