マルチボリュームコントローラの巻き! 2019.5.9

LM3886のアンプを別企画で考えていますが、このアンプはシンプルなので単純な2chステレオだけでなくマルチシステム用のマルチアンプに
することも組み立てるにはさほど手間がかかりません。そうなるとそれに対応したマルチアンプ用のボリュームコントローラが欲しくなります。
これについて、以前にシーラスロジックのCS3318を用いたEVC3318をつくりましたが、これは4chありますが、今回はそこまでの多チャンネルではなく
3ch程度の構成で作ってみたくなりました。
 今回の企画では2種類考えていて、@できるだけ安価な部品を用いたオキラクEVC A高性能な部品を用いたハイエンドEVCです。

1.オキラクEVC  EVC1972T
 これは秋月で300円で購入できるLM1972を用いたEVCです。
 各チャンネルのゲイン設定は基板上のVRあるいは基板上のスイッチを用います。
 ゲイン設定の状況は基板上に配置したLEDで確認できるようにしました。
 基板サイズはSTDサイズです。


EVC1972Tです。末尾のTはトリプルのTです。

1.ハイエンドEVC  EVC72320T
 これは秋月で購入できる2500円とすこし高いですがハイエンド使用のMUSES72320を用いたEVCです。
 各チャンネルのゲイン設定は基板上のVRあるいは基板上のスイッチを用いて行いますが、MUSES72320がゲインの調整量が
 0.5dBと小さいので、設定表示はLCDをつかうようにしました(設定後はLCDは不要)。
 基板サイズはWIDEサイズです。


EVC72320Tです。末尾のTはトリプルのTです。

さてさて、この構想は続くだろうか・・・・(GW中に色々と描いたのはいいけれど、どれを作ろうか悩んでいます・・・・)。

基板作成にかかりました 2019.5.15

まだまだバグはあるかもしれませんが、基板作成にかかりました。
週明けには手にすることができるでしょう。
週末はプライベートですが一大イベントがあるので、準備にかからなくっちゃ!

(つづく・・・かな?)