LM3886アンプをリニューアルする!の巻き 2019.4.26

さて、明日から10連休です。折角の長い休みなので何か作ろうと思ったところ、無性にLM3886をつかった
アンプをつくってみたくなりました。なんといってもLM3886は簡単な回路で大出力のアンプがつくれる、便利なICです。
さらに部品箱に6個もLM3886があるのを見つけてしまったことも作りたくなった理由の1です。

どの基板を使おうかな?
で、基板としては小型のLM3886用のアンプ基板が便利そうです。
BTL用のお気楽アンプ3もありますが、少々つくるのが大変そうなので思わず日和ました。


部品箱に6個のLM3886がありました。


LM3886をつかった超簡単なパワーアンプ基板です。これがよさそうです。

随分前につくったんだな〜

基板には最初に製作した西暦を記載しているのですが、どうやら15年ほど前につくったようですね。


2004年に初版をつくったようです。

基板を眺めていて、すこし思ったのが電源用の電解コンデンサの容量がすこし小さかったかな?
ということです。整流回路に大容量のコンデンサを搭載しておけば問題ないのですが、アンプ基板側にも
すこし容量の大きなものをのせたいな〜という思いがでてきました。
 さらに入力のカップリングコンデンサも電解コンデンサを想定していますが、ここにもフィルムコンデンサが
使えるようにしたいところです。

というわけで、折角つくるならすこし改良した基板で作ろうという気になってきました。

回路は同じで

基本的に、回路はまったく同じですが、搭載できる電源用と入力カップリングコンデンサがすこし大型のものが
使えるようにしました。

簡単な回路なので、一気にパターンを描いてみました。また基板サイズもSTD-Hサイズに合わせてみました。
さらに、配線も直線と円弧の組み合わせにすることで、なんとなく信号の通り方も滑らかになるようにしてみました。


こんなパターンで描いてみました。

ステレオ配置を考えると・・・・

さて、実際にステレオ構成にするとなると2枚基板をつかうわけですが同じ基板だと、向かい合わせてに配置したときに対称性がとれません。
となると、中央にトランスとコンデンサを配置するとした場合に、どうしてもケースの中が乱雑になってしまいそうです。


同じ基板を向かい合わせでとりつけると、入出力が逆になるので見た目がすこし難があるかな?

折角なので・・・・
向かいあわせにしたときに、対称性がとれるようにした片方の基板も描いてみました。


左右対称で配置できるような他方の基板も描いてみました。

どうしてもパターン自体は2枚の基板で異なりますが(当然ですが)、部品配置も対称になるので、ケースに納めたときに綺麗に見えるはずです。


2枚を向かい合わせて並べたときに部品の配置が対称だと、綺麗にみえると思っています。

ついでに電源も 2019.4.27

LM3886のアンプ基板と電源が接続しやすいように、電源基板も新調を考えてみまし。ちょっとした変更点ですが、
電源端子を左右(上下?)の両側面から出せるようにしてみました。
 あと、ひょっとしてOPアンプをつかう可能性もあったので、簡単に正負の三端子レギュレータも搭載できるように
しておきました。


 左右(上下)に電源の出力端子を持たせた電源基板を描いてみました。

やっぱり・・・

上の基板はいわゆる非安定タイプの電源回路ですが、パワーアンプといえども電源にリップルがのるのはトラブルの原因にもなりかねないので
定電圧電源タイプも描いてみました。さすがに、整流用のコンデンサは2個ほど減らす必要がありますが、比較的スペースに余裕もあるので、
空いたところに定電圧用のトランジスタ等を詰めこむことができました。


すこし整流用のコンデンサを減らして定電圧回路を実装するタイプも描いてみました。

そういえば、基板屋さんも10連休だろうな〜

よく使わせてもらっている基板屋さんの営業カレンダーを確認しましたが、やはり10連連休ですね。
こりゃ、連休明けに頼んでもおそらく一気に注文がいくだろうから大変だろうな〜、と休み明けは
ちょっと気の毒にも感じました。まあ、発注する側の一人ではあるのですが・・・・。


基板屋さんの営業カレンダー。10連休ですね。

基板作成にかかりました 2019.5.15

まだまだバグはあるかもしれませんが、基板作成にかかりました。
週明けには手にすることができるでしょう。
週末はプライベートですが一大イベントがあるので、準備にかからなくっちゃ!

(つづく?)