Matsukataさんからいただきました。 2018.1.9

久々の投稿となります。
随分前に配布いただいたDAC1794-1.5を正月休みに作ってみました。






ケースはタカチのHENです。
RSの小型トロイダル(15-0-15)を使いコンパクトに仕上げてます。
DAC基板上の5Vレギュレータはケース底にねじ止めしてます。

同じくHENケースに組んだラズベリーパイです。
電源は「Simple Power Unit for LM317」基板を使ってます。


リビングのオーディオ再生用として、TVラック裏に設置しました。


アンプはYAMAHAのA6。
スピーカーはFOSTEX FE-83solのダブルバスレフエンクロージャー、バスレフエンクロージャーを
気分で切り替えて使ってます。

久々にPCM1794の音を聴いてみたいと思い立ち作りましたが、ES90**にはない
独特な音がなんとも新鮮に感じます。


とのことです。いつもながらスッキリとして機器類ですね。RasPiはWifi接続でしょうか?
金属ケースに入れた場合に、隙間から無線が届くか興味のあるところです。

福島の球使いさんからいただきました。 2018.1.9

写真館への投稿もご無沙汰しております.頒布いただいたPiDAC4490-1.1が完成した
ので,投稿します.Raspberry pi2とPiDAC4490-1.1にオペアンプ用の+-15Vの
電源をYM250に取り付けました.Raspberry pi2の電源は秋月のアダプタです.
Raspberry piは常時通電で,電源スイッチは+-15VのONOFF用です.

パーツは特に特徴のあるものはなく,アナログのフィルタにkemetのPPSを使っている
くらいです.

学生のためのデモ用に作成しましたが,今後オペアンプの比較等にも使っていく予定です.
今後ともよろしくお願いします.


とのことです。これでオーディオソースがある意味完結するのでいいですね。
学生さんがこういった自作に興味をもってくれると嬉しいです。






kkumaさんからいただきました。 2018.2.9

頒布基板の盛り合わせで作ってみました。

オペアンプ仕様のIV基板、
デスクリート構成の電源基板
高性能レギュレーター基板

この三要素をDAC4490-5基板に合わせて詰め込んで見ました。
実験用でもあり見栄えは良くないのですが、
音は良いです。何処までも伸びやかで柔らかい音ですが芯も通っています。


とのことです。盛り合わせいいですね〜。トランスの対称配置が目立ちますね。


kkumax さんからいただきました。 2018.7.9

DIV5142 デジタルチャンネルデバイダー基板をケースに入れてみました。
ですが...
掲示板で質問させていただいたミュート回路については未結線です。
デジタル領域で安全確実な回路があればすぐにでも組み込むつもりですが
まあ私には無理っぽいので
リレー駆動スイッチ信号を外部に出すためのRCAコネクタも付けてあります。


とのことです。このDIV5142の出力段をどうされているかも気になりすね。







ヒロです。 2018.10.13

まだリリースしていないのですが、PA5756Tをつかった3WAYのディジタルチャンデバ内蔵のディジタルアンプです。
これ一台でCDPをつなぐだけで、3WAYのスピーカをマルチチャンネルで鳴らすことができるので、
システムがとてもスッキリとしました。

内部の様子です。電源基板はTYPE-P電源基板を単電源に改造してつかっています。


フロントパネルです。


NCフライスをつかって加工しているのでボリュームのつまみも落とし込みとしています。
これだけで、高級感がでてきます。



バックパネルの様子です。


fukuokaのKさんからいただきました。 2019.2.25

cdプレーヤーを作りました。

・DAC179X‐2.1 v1
・Power Unit TYPE-F v1
・Power Regulater TYPE-D v1
・トランス RA40‐144

上記DAC、電源を組込みました。

8年くらい前にネット上で作例があったフィリップスのCD PRO2を使ったプレーヤを
でっち上げました。

ケース、トランス、電源、コントローラは中華製でeBayで手に入れました。
CD PRO2ユニットはアメリカの業者からです。eBayでも中古は有るみたいです。
CD PRO2からのI2SをSPDIFに変換してDACに入力してます。

いいですね〜。LCDも付いているので、どの曲を再生しているのかもわかるのですね。
そういえば昔のCDROMにはSPDIF出力を備えるようなものもあったようで、
私もCDプレイヤーとして使った記憶もあります。
http://www.easyaudiokit.com/bekkan/oldcraft/oldcraft.html
の中の10番目です。









柏市のHさんからいただきました。 2019.5.11

この連休、昨年末に出来上がったDAC4493PA で色々聞いてみました。
DACとアンプの間にボリュームもカップリングコンデンサーも入らず最短でつながり、ノイズは皆無。気分が良いです。
ゲインは小さくし、終段は2SK3497, 2SJ618で、聞いている範囲ではA級動作しているようです。

とのことです。薄めのケースなので基板を横にならべられたのですね。電源が定電圧なのでリップルに起因する
ノイズも皆無と思います。




DAC3作目さんからいただきました。 2019.5.29
 
PAGE61にDAC9018Dを投稿しましたが、電源を強化し完成させましたので再び写真館に投稿させて頂きます。

構成は、「Renewメモリーバッファー」→「Dualジッタクリーナ」→「DAC9018Dv1」→「POWER-IV」となっています。

電源基板は、
(アナログ系)POWER-IV×2にTYPE-I×2、DAC9018Dv1にTYPE-H×2
(デジタル系)Renewメモリーバッファー・Dualジッタクリーナ・DAC9018Dv1にTYPE-Hを各1枚と電源強化したつもりです。
ケースの電源スイッチの位置が右上にあるのは、全て結線した後に前後反対で有ることに気がつきましたが、
直す気力が無くそのままにしています。Orz

肝心の音ですが、トランスを2台にし各セクション毎に電源基板を分けたおかげで、よりクリアで音場が広く、
分離の良い低音が出てくる様な気がします。
シングルトランスとダブルトランスでは特に低音に差があるように感じます・・・・・。
これに気を良くして 「DAC1794-5」・「RenewDAC1704」もダブルトランス化計画が進んでいます。
 
一緒に写っているマッキンC-29は、壊れて修復不能なシャーシを手に入れたので、現在高精度電子ボリュームを
換装し復活を目指しています。
信号経路にケミコンを廃した高精度電子ボリュームに挑戦中です。完成したら投稿します。
ちなみに、完動判のC-29と比べてみるとC-29はオペアンプNE5534の音の特徴が濃く出ているようです。
 
「DAC1794-5」と「RenewDAC1704」のダブルトランス化も始まって・・・DAC4493-5も部品の取付けも終わっているし・・・・・全然終わらない。
トランジスタ嫌いだった私にも、トランジスタやICを使った半田付けの楽しみを与えて頂けるヒロさんに大感謝です。

 
それでは、お体に気をつけて頂いて、私たちに楽しい基板の頒布を続けてください。

とのことです。電源部分の配置が整然としていていいですね。隠れてみえませんが、POWER-IVの下側にTYPE−I電源基板があるのですね。
基板サイズを統一しておいてよかったと感じました。
次回の投稿もお待ちしております。







kkumaxさんからいただきました。 2019.7.4

頒布いただいた時はマルチウェイの用途しか考えていなかったのですが
ラズパイにリクロック基板を挟んでI2S信号を完全なものとして
DAC4493PAと組み合わせてみました。通常のI2S信号も受けられる様にも
してあります。

構成は下のようになっています。

1.信号系
DAC4493PA + RaspberryPi2 + リクロック基板Kali Reclocker + HDMI-I2S受信基板

(ラズパイからのI2S出力 or 他のI2S差動出力を受けられる様に
HDMI-I2S受信基板も入れています。)

2.電源
(NJM2397+TPS7A4700)x2回路基板 :DAC4493PA DAC_IC

正出力定電圧電源(TYPE-E)    :ラズパイ2、HDMI-I2S受信基板用電源(切り替え)

TYPE-P DACパワーアンプ用複合電源基板:DAC4493PAアンプブロック、ミュートリレー、
                    リクロック(MCLK)基板

とのことです。RasPiは青っぽく見える基板の下側にあり、これが音楽ソースになっているようです。
パワーアンプも入っていますから、これ一台で完結ですね。

#引越しもあり、掲載が1週間遅れてしまいました・・・。




こじはやさんからいただきました。 2019.7.4

スピーカ・アンプ切り替え基板を使わせていただき作ってみました。
SP-SEL6基板を3枚使い、全部の端子を使い切りました。(笑い)
プリ出力のアンプへの切り替え6通り、アンプからのSP入力5通り、
SP切り替え5セット、バイアンプ出力とSP切り替えも入れました。
ダイヤルでSW操作でき、リモコンもばっちりです。
汚い作りですが投稿しました。
いつも楽し基板を作成していただき、ありがとうございます。

とのことです。う〜、基板の3枚使いで先を越されてしまいました(笑)。
改造前と見比べてみて気づきましたが、リモコンをつかう前提だと、パネルにスイッチは不要になると思っていましたが、
ロータリースイッチなどは流用を狙っておられたのですね。
 ケースの中央の小さい孔が赤外線受光用かな?




元のセレクター/掲示板の写真から引用:http://easy-audio-kit.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=16748502