新デバイスは楽しみですね〜!! 2019.5.22

ハイエンドDACといえば、旭化成マイクロではAK4497、EES社ではES9038PROがあり、それぞれ2年ほど前につくりましたが
そろそろ、また新しいDACがでそうな感じです。ちなみにTI社のハイエンドDACといえれば何になるのかな?32Bitでいえば
PCM1795あたりになりますが、ひょっとしてPCM1794あたりがハイエンドになるのかもしれないですね。でも、TI社は近頃
ハイエンドDACがでてないようなのですがやめたのかな?

旭化成マイクロ(AKM)はAK4499

こちらは去年の冬にアナウンスがあったようです。今年にはサンプルが入手できるようです。それにしても型番のつけかたですが、
AK4490→AK4493→AK4495→AK4497→AK4499 とつづいたけど、AK4499の先はどうつけるのだろう?
ひょっとしてAK44101とかなったりするのだろうか、と余計な心配です(笑)。


 最初のアナウンスは去年の冬ごろ。


 今年の夏にサンプル出荷の様子。一般ユーザには冬ごろかな?もうちょっと先だな〜。



引用:https://www.phileweb.com/news/audio/201905/21/20867.html
でかいICです。4chなので仕方ないかな。リファレンスモデルは手作り感満載ですね。

ROHMからはBD37806?

ROHMからもハイエンドDACがそろそろ出そうな雰囲気です。個人的には関西である京都に本社のあるROHMのDACも応援したいですね。


引用:https://www.phileweb.com/news/audio/201805/13/19731.html


MOUSERからはフライング気味にページが作られたとのことです。

ESS社からはまだなしかな?

ESS社からはES9038PROの次のDACのアナウンスはまだ無いようです。まだしばらくES9038PROがフラッグシップの位置づけになるのでしょう。

その代わりに・・・・

ESS社からでているDACでES9218Pなるものがすこし気になっています。どうやらモバイル用のDACなのですが、ヘッドホン用のアンプも内蔵しています。
SABRE DAC Technologyをつかっているので、中身としてはES9038PROとかなり類似しているのかもしれません。


ESS社のES9218Pも気になるDACだったりします。

ES9218Pを使用したプレイヤもいろいろとありそうです
すでにES9218Pを搭載した音楽プレイヤーはいろいろとでているようです。

こんなプレイヤーなどがでています。


ES9218Pの中身です。電源電圧として3.3Vと1.8Vの両方が必要なのがちょっと面倒そう。

まあ、ES9218Pは小さいし、ヘッドホン出力もあるようなのでRasPiをくみあわせて使うのもおもしろそうだな〜と思っていたら、
すでに出ていますね。大阪のデジットのHPにありました。結構、いい値段してますね。ES9218P自体の値段は1600円くらいなので、
もっと安く作れそうな気もしますが、開発費や組み立て費を考えるとこのくらいになっちゃいますね。
 ふと、ES9218Pを2個つかって、バランス形のヘッドホンにも対応できるようにしたらおもしかな〜とおもったりです。


RasPi用のES9218Pを用いたDACのようです。

もうすこしES9218Pを調べてみましょう

そのためにもES9218Pのデータシートが必要です。データシートは一般には公開されておらず、ESS社とNDA(守秘契約)を結ばないともらえません。
以前にESS社とはNDAを結んでいるので、今回もES9218Pのデータシートを商社を介して送ってもらいました。
それにしても、データシートの真ん中に斜めに名前が書いてあるのでコピーすらできないようになっています。


データシートです。真ん中に朱記でConfidential・・・とあります。

さて、しばらくデータシートを眺めて勉強してみましょう。

ようやく到着! 2019.7.20

ESS社から商社経由でようやくチップが届きました。
で、早速動かしてみようとおもいましたが、変換基板が・・・・
てっきりQFN44かとおもっていたらQFN40でした。
すぐにAMAZONで発注しましたが、盆前くらいまでかかりそうです。


ようやくチップが届きましたが、変換基板を調達ミスです・・・

まあ、お盆休みのお楽しみにしいましょう。
そのころにはAK4499も到着することでしょう。
あ、こちらも変換基板を探しておかなくっちゃ!

変換基板受難?
QFN40の変換基板はAMAZONで簡単に見つけれられました。下記が送料も無料で安いです。ただ、納期がかかります。
QFN40の変換基板はこれがつかえそうです。

問題はAK4499用の0.4mmピッチの128PinのQFNです。

まずはaitendoさんをさがしたところ、128Pで下記がありました。あったあったと喜んでいたのですが、
よくみると0.5mmピッチなんですよね。これでははまりません。


これが良さそうでしたが、ピッチがあいません。

で、色々と情報をいただきました。
まずは0..4mmの128Pin-QFNのソケットがあるようです。でも、かなりお高い・・・・ICより高いです。
で、もう一つはこんな基板があるようで、4枚組みあわせるという案です。

これを4枚つかって変換コネクタを作ることは可能かな?

しかし、これはこれでかなりハードルが高そう・・・・

どうしようか考えてものです。
いっそのこと試運転なしに基板をつくろうかと考え中です。
それにしても0.4mmピッチのICは初めての経験になります。
※そういえば0.4mmピッチはCS43198もありましたが、変換基板までつくったけど手付かずです・・・・(反省

0.4mmの128P-QFNはDigikeyで調達できそうです・・・2019.7.25

Digikeyからも調達できますよ〜との情報をいただきました。

さすがDIGIKEYです。こんな変換基板も手にはいります。

サーマルパッドがないのは基板に穴をあければ対応できるでしょう。
さて、さてどうしようかな〜。1枚1754円です。

ICが手元に来てから考えるモードに突入かな〜(笑。

忘れた頃に・・・ 2019.8.5

AMAZONから届きました。QFN32とQFN40のリバースパターンなっています。
これでES9218Pのテストができそうです。
しかし、こんなにたくさんいらないのだけどな〜。


一杯届きました。使うのは1,2個なんだけど・・・・


表裏面で違うパターンを描いているのは、いいアイデアですね。

それにしても・・・・

AK4499の出荷が遅れているようです。ひょっとして、最近話題のなんとか管理とかで
製造ができていないのかな?


まあ、急ぐ旅でもないのでのんびり待ちましょう。

ようやく到着! 2019.9.2

いや〜すっかり忘れてしまっていました。

PREMIUM DACとあります。


2個ゲットです。

どんな構成で作るかな?

AK4499はいままで使ったDACと違って4ch分(ステレオ×2)のDAC素子を内蔵しています。
それらをまとめてしまってステレオで使ってもいいし、全部まとめてモノラルでつかってもいいし、
折角4chあるので、DIV5142とつなげてマルチシステム用にしてもいいかな〜。
 あと、DAIについても同居させるか、外付けにするか?
 組み合わせとしては色々とあって、なかなか考えがまとまらないっす(笑。

ちょっと絵にしてみて、もうちょっと悩んでみましょう。

1.シンプル
  AK4499を1個だけ使用。基板上にはDAIもIVも搭載して1枚で完結できるタイプです。
 もっともシンプルな構成です。でも、ちょっと面白みに欠けるかな〜。それと、WIDEサイズの
 基板でも1枚に収まるかちょっと心配です。

 シンプルな構成の場合


2.ちょっと贅沢にモノラルで
 DAC4497やDAC4497-2.1などと同様にAK4497をモノラルで使うパターンです。
IVも載せればすぐに音だしもできます。でもIVに結構な電流が流れるので、規模が大きくなるので
収まるかな〜?

ちょっと贅沢にモノラルで


3.モノラルでIVも外付けに
 IVは外だしすれば自由度が増します。反面面倒ですが・・・・・
 でも、これが一番すっきりするかな?

モノラルでIVも外付けに

4.4chもつかえるように
 折角AK4499が4chのDACであることも考えると、マルチ入力にできるようにするといいかもです。
ちょうどDIV5142と接続するのに好適です。


4chもつかえるように

さてさて、どうしよう?
基本的には4.の構成ができるようにして、3もつかえるような構成がいいかな?
IVとDAIは、外付けにしたほうが、なにかと工夫ができそうです。

悩んじゃいますね〜。こうなったら、アイデア募集です(笑。

ぼちぼち、それにしても細かいな〜 2019.9.15

MUSES72320をつかった電子ボリュームもできたことだし、次のアイテムのAK4499にとりかかりましょう。
おもむろに基板CADに0.4mmピッチのQFN128を描いてみましたが・・・・・細かい・・・・。


左から0.8mmピッチの128PIN、AK4499、そして一番左端が1.27mmピッチのSO-14

いままで扱ったICの中では0.5mmピッチが一番狭かったですが、それより20%小さくなります。
まあ、半田付けができないほどではないですが、ちょっとデザインルールの見直しが必要です。

いままでは10mil(0.254mm)が最低ライン・・・

個人的にプリント基板の設計には個人的なデザインルールがあって、通常は

最小線幅:10mil(0.254mm)、
最小線間隔:10mil(0.254mm)


としていました。流石にメモリーバッファの場合だと、これではきついので

最小線幅:8mil(0.2032mm)、
最小線間隔:8mil(0.2032mm)


まだ狭くしていました。メーカの製造ルールでは0.15mm(約6mil)が最小値となっているので、余裕はあるのですが
それでもメーカとしては断線しない程度のぎりぎりの値のようなので、それを狙うのも怖いところです。
それに、いつも銅箔厚さは70umを用いているので、エッジのダレも大きくなってしまいます(深くエッチングしないと
いけないので、どうしても線幅が設計値より狭くなってしまう)。

そのようなところでピッチ0.4mmなのでどうするか?ここは製造メーカの保証値を信頼して

最小線幅:8mil(0.2032mm)、
最小線間隔:7mil(0.1778mm)


で行きたいと思います。ということで、ICのランドパタンとしては線幅8mil(0.2032mm)で
ピン間隔が0.1968mm
になります。

(つづく)