3WAYネットワークを試してみる! 2019.7.3

※関連記事はスピーカ切り替え基板です。

先のスピーカ切り替え基板をうまくつかって、現状のスピーカをマルチアンプでも鳴らすことができるし、
またシングルアンプで鳴らすこともできるようにしようとたくらんでいます。

で、まずは3WAYのネットワークの調達からです。

中華3WAYネットワークを買ってみる!

AMAZONをみていると、中華のネットワークが色々と売られています。
どうやら検索のキーワードは「周波数分割器」という感じです。
値段は安いものでは2WAYで1000円以下のものあります。それでも12dB/octの構成なのでたいしたものです。
ただ、安いものはL(インダクター)はコア入りのものがほとんどです。
 ということで、すこしこだわりをもって(本当のこだわりがあれば既製品なんか買わないでしょうが・・・)、
空芯タイプのインダクターを用いたネットワークを探すことにしました。

これがいいかな?

探していると、これが目にとまりました。
クロスの周波数が600Hzと4650Hzです。本当は400Hzと3kHz程度のものがベストだったのですが、
まあ、気に入らなければ定数を変更(コンデンサを追加等)して修正すればいいでしょう。
それにしても、値段は約6500円です。まともに、部品を調達して一から作れば1万円以上はかかりそうな感じなので、
まあ、よしとしましょう。


これが良さそうです!


入手!

 手元に届きました。さすがにインダクタが銅線の塊なので重量が結構あります。

なかなか重量感があります。


基板の裏はスッキリ。半田はリフローのようで品質は良さそうです。


なにやらホログラムの付いた合格証がはいっています。

取説は至ってシンプル!

まあ、ないのとほぼ同じです。小さい紙に回路と特性が描いてあります。
これは無くしそうなので、写真にとってHPに上げておきましょう(メモ代わりです)

取説はこの紙1枚だけです。


回路図です。基本は12dB/octの構成になっています。


周波数特性です。これは負荷は何を接続して測定したのかな?-6dBがクロスポイントになっています。
本当にこの特性になっているか、一度測定してみるかな?

さてさて、このネットワークを使うには、色々と準備が必要です。
というのも現在オーディオの環境を大幅に変更中です。まともに音を出すまでには
まだ1ヶ月程度かかりそうです・・・。

準備として、リレー基板を追加で作りましょう!

(つづく)