ダウンサイジング?の巻き(DAC9018Sは実現するか?) 2017.1.19

ES9038PROを入手しました。AK4497も ではいきなりES9038PROをDUALで使ったものを検討しましたが、
前作のES9018Sを使ったDACでは、シングルから取り組みました。

前作では
まず、DAC9018S を検討(ES9018を調べてみよう!の巻き) 。 このときマスタークロックがBCKの逓倍でないと
ES9018Sのジッタ抑制機能のであるDPLLがのLOWESTではロックがでしないことから、逓倍クロック基板を検討。
その効果を確かめた上でES9018SのDUAL版を検討(ES9018SでDSDシフトパラは実現するか?の巻き)
さらに電圧レギュレータに低ノイズ品を用いたRENEW版を検討(1.2Vのレギュレータは?の巻き
という感じでした。

DAC9038DではいきなりDUAL使用で、かつクロック逓倍、さらに超低ノイズレギュレータの採用など
盛りたくさんの内容でスタートしましたが、もっとおきらくにES9038PROが使えるDACをラインアップに
加えるべくDAC9018Sを検討してみましょう。

構成は
 ES9038PROのシングル使用が基本です。ただし、レギュレータについては超低ノイズのADM7154の使用については
性能をスポイルするわけにはいかないので、そのまま採用です。逓倍クロックについてては、100MHzの固定周波数でも
DPLLのロックがすることが確認できたので、今回は省略です。
 操作についてはフルファンクションモードをベースにして20列と16列の両方のLCDにも対応させます。

描いてみました。

シングル使用なので、DACを中央下側に配置してみました。
SPDIFのエンコーダもES9038PROに任せますので、部品点数はかなり少ないです。
ただ、半田付けの難しさはあまりかわらないかもしれません。

こんな感じかな?

さてさて、実現していくかな?

こちらも基板ができました。 2017.2.7


こんな形できました。

一気に他の基板も作成したので、これに着手できるのはいつごろになるかな〜っと。

ようやく着手 2017.2.22

しばらく仕事でバタバタと出張が続いてしまって、なかなか半田ゴテを握ることもできませんでしたが、
久しぶりに工作部屋に戻ったこともあり、半田付けをしました。すでに夜分遅くなっていますが、
半田ゴテを握ると日頃の疲れも癒されます(笑)。

で、
いきなり完成しました(爆)。
といってもそれほど部品点数も多いわけではないので、わりと短時間で完成します。
だいぶSSOPなどの半田付けも慣れてきたと思っていましたが、いざルーペで確認するとブリッジしている箇所がありました。
老眼が進んでいることもあり、肉眼で大丈夫と思っていても安心はできません。でも半田ブリッジがあっても、
半田吸い取り線があれば、鬼に金棒です。簡単にブリッジが解消できるので、これは必需品ですね。

完成しました。部品も少な目なので割りと短時間で完成です。動くかどうかは別ですが・・・・


裏面の様子です。


EXPOSED PADについても半田を十分に流してあります。

動作確認を進めていきましょう!

(つづく)